« ギンの経過 | トップページ | モモは16歳♪ »

2011年8月28日 (日)

ギンくん

お久しぶりです。
前回のコメントのお返しもしないまま
すみません。
いつもポチありがとうございます!
今日はギンについて報告があります。
詳しく書くので最初から書かせて頂きます。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

8月1日に糖尿病と分かり治療を始めました。
2日にノンタンも一緒に病院に行きインスリンの
注射の仕方を教えてもらいました。
3日 この日はギンちゃん家でのんびり
4日 少し食欲が落ちてる感じがしました。
5日 前日の食欲が気になったので病院に
連れてってもらい診てもらいましたが特に
異変もなく検査結果も大丈夫でした。
6日 全然食べなくなり寝る事も多く
なりました。病院に行っても原因がわからず
ともかく食べさせなきゃいけないので糖尿食に
拘らず食べる物を探しました。
寝る事が多いのは糖尿病は体がだるい
らしいのでそのせいではないかと先生が
おしゃっていたので様子を見る事にしました。
7日 病院は休みの日ですが全然食べなくなって
きたので先生が点滴をして下さると言うので
連れて行き帰って来てからは寝始めたので
パソをしながらギンのそばに居ました。
先生からバランスが崩れていないか見て
欲しいと言われ尿でチェックする新しい
リトマス紙を頂きました。
異変が起きたのはこの日の深夜です。
起きてから呼吸がこわそうででも深夜で
どうする事も出来なくてとりあえず朝まで
様子を見ながら待ちました。
夜中にトイレに行きチェックした結果崩れて
いました。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

8日 朝一番で病院に連れて行きました。
夜中のトイレの結果を見てもらいケトン体
(毒素)が出ておりバランスが崩れて
ました。
とりあえず留置針でゆっくり点滴しましょうか
との事だったのではっきり帰れるかどうかは
わからないけどとりあえず夕方まで預ける事に
しました。夕方になり電話をかけてみると
肝臓の数値も良くないとしご飯も食べない
吐き気もある模様。
あまり状態が良くないのでこのまま入院した
方がいいかもとの事だったのでそのまま
入院になりました。

9日 母が朝病院に行き様子を見に行って
見た所吐き気はないもののあまり状態
としては変わらず・・・先生に好きな物
ありますか?っと聞かれたのでもし夕方
とかお見舞いに来れたら持ってきてみて
欲しいっと言われたのでノンタン好きな物を
持って夕方お見舞いに行きました。
糖尿病の子はここまで
がくんと落ちてしまう子がいるけど9割は
ここから這い上がって行くからっと希望の
言葉を頂き少しでも良くなる事、食べて
くれる事を祈って帰宅しました。

10日 今日も朝母が様子を見に行きました。
昼間肝臓の写真などのを撮った所あまり
良くない状態もしかしたら膵炎をおこしているかも
しれないとの事だったので治療方針を
変えた夕方お見舞いに行った時お話を
聞きました。
治療を変えたので合えば良いなぁ~っと思い
ながらこの日は帰宅。

11日 同じく母が様子を見に行きました。
夕方病院から電話がありました。
出来ればこれからお話をしたいとの事。
親に迎えに来てもらい急いで病院に
向いました。
昼間いきなり鼻血を出してしまったそうで
肝臓の写真などとって見た所かなり
悪く末期に近い状態で・・・覚悟をした方が
いいかもしれないとのお話でした。
この日は泣きながら帰宅。

12日 そろそろ留置針も持たなくなってくる
時期で昼くらいまでとのお話でしたが何と
憎きケトン体が減ってるし、留置針もまだ
持つというのでギリギリまでやってみよう
っという事でお願いして一応入院を続ける
事になりました。
夜急いでお墓参りに行き帰って来た時電話が
なり先生からそろそろ限界だと言われ
夜遅いので今日はこのまま預かりますか?
それとも迎えに来ますか?っと聞かれ急いで
迎えに行きました。
2~3日前は鳴けなかったのに病院で
にゃーっと鳴き顔も元気そうで嬉しかった!
家に着き体がダルそうにしながらも頑張って
トイレに行ったりしてました。

13日 明け方ゴホゴホっと咳をし始めました。
今日も朝点滴に連れていく予定だったので
先生に診てもらう時お話しようっと思っていた
矢先です。
静かに息を引き取りました。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

最後まで読んで頂き有難うございました。
亡くなった後はぼけーっとしている日々が
多くすっかり胃腸のバランスも崩してしまい
パソを全くしていませんでした。
猫達も何かが変わった感じがします。
特に毎日一緒に居る事が多かったカイトは
ギンが居なくなってしまって居場所を
なくしてしまったかのようにふらふらしてる
事が多くなりました。
最近ようやく落ち着いたのかふらふらも
なくなり今度はノンタン達にべったりする
ようになりました。
また少しずつですが更新していこうと
思ってます。
ブログのテンプも一時期は迷いましたが
思い出の写真なのでしばらくはこのまま
使っていきたいと思います。



 

|

« ギンの経過 | トップページ | モモは16歳♪ »

ギン」カテゴリの記事

コメント

ギン君の回復を信じていたんですが・・・
このような事になって本当にショックです。
今はなんて声をかけていいのかわかりません。
ギン君のご冥福を祈るばかりです。

投稿: しげりん | 2011年8月28日 (日) 19時31分

ギンくん、きっと元気になってくれると
信じていたのに・・・
とても悲しいです。
お家で眠りにつけた事がせめても、
でしょうか・・・
ギンくんのご冥福をお祈りいたします。

投稿: time | 2011年8月28日 (日) 20時15分

ギンちゃん、頑張っているものとばかり
思っていたのに 病状の進み早かったですね…
大好きなおうちで愛する家族に見守られて
逝けてよかったです。
ギンちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

投稿: cocomama | 2011年8月28日 (日) 22時39分

そんな、ギンちゃん…
突然だったんですね。
でもみんなと一緒にいられて良かった。
ノンタンさんも無理なさらず、のんびりしてくださいね。
このお返事もいりませんよ。
ギンちゃんのご冥福、心からお祈りいたします。

投稿: イルカねこ | 2011年8月29日 (月) 14時15分

しげりんさん、timeさん、
cocomamaさん、イルカねこさんへ
まとめちゃってすみません。
治ると思っていたし、なんとしても
治してあげようっと思ってました。
でも見ていて状態は進むばかり・・
どうやら単なる糖尿病ではなかった
みたいです。
多分徐々に膵臓が悪くてなってきて
膵臓に併発して糖尿病になったのでは
ないかとおっしゃっていました。
近所で評判が良くて腕の良い先生
なんですが猫の膵臓は非常に難しい
みたいです。
いつも元気だったのでショックも大きい
ですが最後に家に帰って来れた事が
良かったなぁ~っと思います。
ギンに沢山の温かいコメント有難う
ございました

投稿: ノンタン | 2011年8月29日 (月) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギンくん:

« ギンの経過 | トップページ | モモは16歳♪ »